金井 恵理花 (カナイ エリカ)

10才の時に地元の横浜少年少女合唱団に入団。

21才でミュージカル女優の入絵加奈子氏、故大浦みずき氏の付き人としてプロの門をたたき、その後は舞台出演の他、ユニットを主宰してのライブ活動、テレビ出演等を経験。
 
 1997年に亀渕友香氏率いるゴスペルグループ

『The Voices Of Japan』(通称VOJA)のメンバーとなり、ミュージカル界からゴスペル界へ転身。

その後はメンタルクリニックに於いて独自のやり方で

「ボイスセラピー」を考案、デイケアプログラムとして、5年間、患者さんと共に心のあり方と向き合う。 

 

ボーカルスクールの講師を経て、2012年より横浜にプライベートスタジオ「BLACKCAT MusicGarden」をオープン。

現在は門下生の指導をしながら、『ゴスペルスパークル』を主宰し、ゴスペルを軸にアーティスティックなライブ活動を展開中。

 

父はJAZZのテナーサキソフォン奏者でアレンジャーとしても活躍、

兄は現在交響楽団のクラリネット奏者という音楽一家。

1970年10月17日生まれ、B型。

 

日本ゴスペル音楽協会《GMA JAPAN》

認定指導員(ゴスペルディレクター)

 

 




 

 

〜 メッセージ 〜

 

 

かつて黒人が、

肌の色が違うというだけで残酷な差別を受けた時代。

彼らはゴズペルを歌うことでその試練を乗り越え

人としての魂の在り方を見失わずに生きてきました。

 

ゴスペルは魂の歌。

強い、とてもパワーのある歌です。

「GOSPEL」という言葉の語源は

「GOOD NEWS」からきてるという説もあります。

 

 

6年前、東北で大変な震災が起きました。

自然の猛威の前には人間なんて何の力もありません。

ましてや歌や音楽に何の力もありませんでした。

自分のふがいなさに驚愕しました。

そしてあれから、

色んな意味で日本は揺れ続けていますね。。。

 

 

でも、そんなちっぽけな存在の人間が沢山集まって

全身全霊で声をあげたらどうなるんだろう??

逆境から立ち上がる為に、前を向く為に歌われてきた

ゴスペルという魂の歌の深い深い懐をお借りして、

人として大事なこととか、命あることへの感謝とか、

今思っていること、誰かに伝えたいこととかを

みんなで声を合わせ力の限りに歌ったら…??

 

世の中の何かが変わったりとかしないかしら…。

少なくとも歌ってる自分たちは何か変わるかも!

そうだ!歌えば心が豊かになる!

文化は人の心を平和にし、世界を平和にする!!

よしっ!!今こそ、ゴスペルを歌わなければっ!!

 

 

そんな思いでゴスペルスパークルを立ち上げました。

ま、若干、オーバーではありますが・・・

けっこう本気です(笑)

いずれ何らかの形で、被災地の応援や支援に

繋がったらいいなぁ…と考えています。

そして何より、私と一緒に歌ってくれるみんなが

ゴスペルを通じて元気になってくれたらいいなぁ…。

 

 

声は生命力そのものです。

ゴスペルを歌うとブワ〜っと力が湧いてきます。

そして単純に、もうなんだかとにかく楽しい♪

 

 

私はドアを用意しました。

ゴスペルという扉をどうぞ開けてみて下さい。

 

 

沢山の皆さんとのご縁が歌で繋がりますように…。

 

 

                                                      金井 恵理花